そうえん整形外科

ゴルフによるケガと予防

ゴルフによるスポーツ障害とは

ゴルフのスイングは腕を使う動作と体幹の回旋動作から成り立ちます。
スイングの中ではインパクト時に発生する障害が最も多くて全体の約半数を占め、障害部位としては多い順に手関節、腰、肘関節、手、肩関節となります。
次いでフォロースルー時の障害が多く、障害部位は多いものから腰、肩関節、肋骨、膝関節、手関節の順です。
最も障害が少ないのはバックスイング時で、障害部位は多いものから腰、手関節、肘関節・頚・膝関節の順です。

腰(背中)、首、胸部の障害

スイング時は脊椎を軸とした回転運動が中心のため、脊椎を中心に障害をきたすことがあります。腰痛を訴える人の多くは元々腰椎の異常や疾患を有している場合がほとんどです。
またスイング時は、ボールから目を離さずに頭を残して振り切るという動作のため、体幹と頭を逆の方向に回転する形となり境界部となる頚に大きな力が加わることで障害をきたす場合があります。
上級者になりスイングのスピードが速くなるほど頚部の負担も増えるため、より正確な技術と頚を支える筋力が要求されます。また、胸部の障害としてよくみられるのが肋骨の疲労骨折です。

手関節、肘の障害

上肢の障害としては、左の手関節痛、ばね指、母指CM関節痛、肘関節痛などがあります。
いずれも連日の長時間の打球練習、フォーム矯正練習などのオーバーユースや「ダフリ」に際して起こります。

膝、股関節の障害

下肢の障害としては、股関節痛、膝関節痛などがあります。
スイングに際しては、足関節、膝関節、股関節と一連の流れで力を上半身に伝え、さらに体幹→手→クラブ→ゴルフボールへと力が伝わり打球動作が終了します。
各部位が効率よく働いた場合、飛距離と正確度が増すことになりますが、オーバーユースや無理なスイングや個性的なスイングは、膝関節や股関節など特定の部位にストレスをきたして障害を発生させることになりますので、正しいフォームの習得が障害を予防するためにも重要です。

ゴルフを始める前に

いずれにしても、ゴルフの前のメディカルチェックが重要です。
腰をひねった際に、腰や肩、膝、手関節に違和感や痛みがある際には、ゴルフをする前に整形外科を受診されることをお勧めします。

予約・お問い合わせはこちら